太くてたくましい筋肉に素早くするための効率的なトレーニングの組み方

太くてたくましい筋肉に素早くするための効率的なトレーニングの組み方

筋力を鍛えるのには、やっぱり太くてたくましい筋肉にしたいものですよね。

 

 

そんな筋肉にするため、できる限り素早くかつ効率的にトレーニングをやっていきたいものです。
ですが素人ではなかなかトレーニングメニューというのは組めないものですが、どんなふうにすれば効率よくトレーニングができるのでしょうか?

 

まずは自分がどれくらいまでが限界の重量かを探る

 

まず、最適なトレーニングをするためには自分がどれくらいの重量が限界かを把握しているのが重要です。
ある程度の軽い付加でも筋力の増加をすることはできないわけではありませんが、重量がギリギリ動かせるか動かせないかによって
筋肉がそれに負けないように筋肉を増強しようとします。 その効果をもっとも発揮するのがぎりぎりの重量なのです。

 

 

1セットの回数は10回前後 

 

ぎりぎりの重量でやるにしても、後はそれについて回数をどれくらいやるべきなんだろうかというような疑問が残ります。
まず、1セットでやる回数はおおよそ10回前後を目標にやっていくことをお勧めします。

 

あまり回数ができるようなことになりますと、今度は持久力系の筋肉のほうが鍛えられてしまって筋肉が太い感じにはなりません。
また、あまりに回数ができなかったり少なすぎますと、太くする筋肉にするために必要なトレーニングができていないことになりますから
ある程度動かせる回数としておおよそ一セットにこれくらいの回数を目指すのがちょうどいいのであります。

 

 

セット数は3回あたりがベスト

 

 

また、セット数に関しては3セットを目標にやっていくといいでしょう。

 

セット数を重ねることによって筋力は寄り付くのでありますが、あまりに回数を増やしてしまうと今度はフォームを崩してしまいます。
フォームを崩したままでやっても、正しい効果を得られませんしかえって怪我のリスクを増やす危険もあります。
ですので、ちょうどいい回数が3セットあたりなのです。